家を建てるときよほどのお金持ちじゃない限り住宅ローンを利用します!

その時よく疑問となるのが、いくら借りれるのかという疑問です。

ただここで気をつけて欲しいのが、借りれる金額返済出来る金額は全然違います!!

まずこれは頭に絶対入れておいて欲しい事はハウスメーカーとかチラシでも、変動金利0.675%であれば月々〇〇円のお支払い!とか見たことがあると思います。皆さんお分りだとは思いますが、35年間この金利が続くことはほぼ考えられません!

今金利は下がりに下がって1番低いと言われています。これから金利は上がるか下がるかと言われれば上がる可能性のほうが高いです!

ですので、毎月の支払い金額は今の金利に➕1%ぐらいにしてシミュレーションをしてみましょう!

そして払えるかどうか試算してみてください!

借りた後はどうしようも出来ませんよ。

そしていくら借りるかですが、金融機関の審査はだいたい年収の7〜8倍借りることが出来ます。ただし考えてみてください。年収500万円の人が4000万円を借りたとすると月々の返済が12万円ちょっと(金利が1.5%だとすると) 年収500万円の人の手取りはボーナスを考えなければだいたい30万円ちょっと。支出が住宅ローンだけなら大丈夫ですが、ここから食費、学費、携帯、老後のための貯金とかいろいろ引かれます!

これでも生活が出来るという人はこれで借りてください!

私がお勧めすているのは年収の5倍以内。実際に数字を見ればかなり現実的だと思います!

このご時世終身雇用制度も崩壊し、10年後の職が保証されている人はどこにもいないと思います。あまり長期で大きな買い物は見栄を張らず、確実に払える買い物を心がけましょう!

ちなみに、家庭の収入、支出とかローンを具体的にいくら払えるとかのシミュレーションはお近くの銀行や保険会社でライフプランシミュレーションが出来ますので、ぜひお金を借りる前にやってみてください!

時間はかかりますが、やる価値はありますよ!!!